人事ブログ

鱧について 京都 瓢斗 渋谷店

こんにちは。京都 瓢斗 渋谷店の星原と申します。

日中は汗ばむほどの陽気となり、夏が近いことを実感しております。

 

和食では、素材が最も美味しく頂ける時期を「旬」という言葉で表現しますが、

瓢斗では今年も旬の鱧しゃぶの取り扱いが始まりました。

調理勉強中の私はただ今、鱧について学んでおります。

 

鱧,魚,

 

 

鱧が美味しい季節は6〜7月。それから8月の産卵期に入ると身体が痩せますが、10月になると、また身に脂が乗ってくるそうです。

和歌山県、徳島県、愛媛県、山口県、長崎県などで多く捕れるそうです。

 

ハモの捌き方で一番大変なのが骨切りで、私も挑戦させて頂き、まずは先輩のお話などで勉強中です。

 

瓢斗 渋谷店でご用意している鱧しゃぶ、お造り、はもちり、煮付け、天ぷら、唐揚げなど、調理方法は多岐にわたります。

「はもちり」とは、鱧をさっと湯通しして氷水で冷やし、梅肉などで食べる料理です。

天ぷらもおすすめです。ふっくら柔らかく揚がった天ぷらを天だしや塩で食べます。

骨だけ揚げた唐揚げはおつまみやおやつに最適です。

塩、抹茶塩、山椒をつけます。

調べていると、鱧のアラでラーメンスープの出汁を取る、なんていうレシピも発見しました。

美味しそうですね!

 

瓢斗では、季節の鱧をお造りや出汁しゃぶでお召し上がり頂けるようご用意して

皆様をお待ちしております。

美味しさや栄養価はもちろんですが、季節を感じることの出来る喜びも「旬」の魅力です。

ぜひご自身の生活に旬の食材を取り入れられ、心身ともに、健やかに豊かにお過ごしくださいませ。

 

京都 瓢斗 渋谷店 星原むつみ

最新の求人情報はこちら

アーカイブ